シンプルライフと結婚をめざして

シンプルな生活&結婚を目指すゆるブログ

同棲生活の理想と現実

引越しからの慣れない生活でまた間が空いてしまいました…!
もう少しで今年も終わりますが、約1ヶ月ほど同棲生活を続けてみて私の想像していたものと全く違って早くももうやめてしまいたいです。
その原因は彼に家事をやる気が殆ど無いこと。

彼は平日帰宅時間がかなり遅く、土日祝も仕事だったりするので基本的に私が全ての家事をやっていている状態ですが、私も帰宅時間が20時くらいなので平日の家事は結構負担です。
料理は私なりになるべく節約しようと、今のところほぼ手作りであまりお惣菜や冷凍食品には頼っていません。
また、同棲前から洗い物はやってねと言っていましたが、想像以上に彼の帰宅時間が遅いので全ての洗い物をやらせるのはかわいそうかと、一度洗い物を済ませてしまうので、結局彼は自分の使った食器を洗うだけ。
ならせめてゴミ出しくらいという事で彼にお願いしましたが、家のごみは集めきれてないわ、今朝はゴミを出し忘れるわでゴミ出しすらまともにできません。
極めつけに昨日はお風呂に入った後は洗わなければならなかったのに朝風呂場を覗くと全くのそのまま。
ちなみに彼は今日仕事の都合で実家に泊まり、うちには帰ってこないので私が洗うハメに。

ほんとなんなの!?

いい加減にしろ!( #`Д´)ノ

最初こそ慣れない仕事と生活で疲れているだろうと目を瞑っていましたが、この連休中2日間ほぼ休みだったのにも関わらず家事に手をつける気配すらありませんでした。
更に、そう決めてしまった私も悪いのですが、この状況で生活費は完全折半です。

彼は私を一体なんだと思っているのでしょうか?
生活費を折半したのも、彼が平日できない分せめて休日くらいは家事に協力してくれるだろうし、最初から金額に差をを作って変な不満を生むよりマシだと思って決めたことですが、完全に私が甘かったようです。
これまで彼が週休1日の生活を送っていたので連休中に様子を見るため黙っていましたが、正直こんな生活を続けたら結婚したところで良い結果にはならないでしょうね。
彼がここまで思いやりのない人間とは思わず本当にがっかりしました。

以前は好きで仕方なかった彼ですが、今年は色々あったのも原因で、何か不満があるたびに冷めていくのを感じます。
それでも昨日はケーキを買う予定は無かったのに私の好きな抹茶ケーキを買ってきてくれたり、ついそういう優しさに全てを水に流してしまうところがあるのですが、お互いに本当に将来のことを考えているなら避けて通ってはならない道ですので、どんな結果になろうとまずはきちんと話そうと思います。

 

見返りを求めてしまう悪癖

日曜日は引越なのですが、昨日彼から「土曜は協力会社の人と1日外出したあと忘年会をするから手伝いに行けない、ごめんね」とLINEがきました。

特に荷造りのお願いをしたわけでもありませんが、先週彼の荷物を車に積むために家へ寄ったり(荷物の量は大した事ありませんでした)、家電配達の時間指定に料金がかかることから、彼が仕事で対応できない日にわざわざ新居へ立会いに行ったりしていたため、午後すぎからでも手伝いに来てくれるものとばかり思っていてモヤモヤしてしまいました…

自分の引越しなのに手伝って貰えると思っていることが大きな間違いであることは百も承知ですし、そこを指摘されたらぐうの音も出ません…

でも私の中では手伝って貰えるだけのことをしているつもりだったし、少ないとはいっても彼が生活する荷物だって置いてあるのにな、という気持ちもありこんな感情を抱いてしまいました。

しかし、彼はあまりまともに休みが貰えない仕事で、ここ最近は仕事か引越し準備のために費やす日々。

引越しの日取りが曖昧だった時に上司にお願いして取った休みの1日くらい自由に使うことを快く許してあげたら良かったのにと、こうやって文章に起こしてみて思い始めました。

荷物の積み込みも家電の引き受けも彼からのお願いでなく私が進んで引き受けたことなので、そこに見返りを求めること自体が間違いなんですよね。

その時の自分の中では単に「彼に協力したい」という気持ちから行動していて、最初から見返りを求めるつもりは毛頭ありません。

でも心のどこかで相手に期待してしまい、その期待に応えて貰えなかった時、モヤモヤイライラしてしまうのです。

前々からこういう考え方を改めたいと思っていたのですが、どうにも無理そうなのでならば一層のことお願いされてないことはやらなければいいのでは、と思い始めています。

冷たいような気もしますが、相手からしたら自分の都合でモヤモヤイライラされる方がそれこそ迷惑ですもんね。

私は良く言えば世話焼き、悪く言えば人を甘やかしてしまうことのあるタイプですが、特に彼に対してはそれが顕著で、ダメンズ製造機の素質があるのです…

実際それで揉めたこともあるのですが…

そういう面も何とかしたかったので、私の心が狭いのは確かですが、改善のためにも一度試してみようと思います。

ミニマリストの凄さを知る

引越しの荷造りに難航しています…!

今日は入居の手続きやら何やらで19時半頃帰宅したのですが、そこから詰められる荷物から詰め続けて23時手前でもう限界だったので、夕飯食べながらブログ書いてます。(お行儀が悪い)

引越し業者さんに荷物の内容とダンボールは10箱ほどになるとお伝えしたところ、箱は3つくらい増えても大丈夫と言われているのですが、いかんせん用意しているダンボールが10箱なのでそれ以内に収まらないとまた購入しなければならなく、物を捨てながら荷造りしています。

……ですが、、、思いのほか物が多い…!!

小物をしまっているケースやらブックエンドやらクリアファイルやらもうその他諸々、とにかく物が多すぎる!!

多いと感じる物たちなのですが、それらの殆どは整理整頓のためにと購入した物ばかり。

整理整頓を目的として購入したつもりがいつのまにか物を増やすことになっていた…

全くの盲点でした。

単純に考えれば買ったら買った分だけ、物が増えるということは誰でも分かりますが、◯◯のために必要である、という思い込みが物を増やす意識を薄れさせていたのですね…

ちなみにこれらの物は100円ショップで手に入れた物が殆どです。

安く手に入るがために、本当に必要かどうか考えることすら放棄していました。

これからはたった100円の物でも、買い物をする時はなるべく慎重にならないといけないですね。

ふとミニマリストだったら不用品がそもそもないから引越しもめちゃくちゃ楽なんだろうな〜と思ってしまいました。

もっとシンプルに生きるために、見直さなければいけないところがまだまだたくさんあるなと気付けた引越し作業です。(まだ途中)

【エアークローゼット 口コミ!】送られるアイテムはどんな感じ?

f:id:n0-limit:20181119010227j:plain

エアークローゼットって実際どうなの?

月額で洋服借り放題のサービスが気になってるという方、いらっしゃるのではないでしょうか?
私も最初はどうなんだろう?と思いながら契約し、今回で2回目のアイテムを受け取りましたので、同じように契約を悩んでらっしゃる方の参考になればと思い、私の正直な感想をまとめようと思います!

今回はアイテムについての感想ですので、エアクロについての詳細は公式サイトをご確認ください!

www.air-closet.com

また、個人のサイトやブログなどで分かりやすくまとめられているページもありますので、そちらも検索してみると良いですよ!
私はとても参考にさせて頂きました(´▽`)
ありがとうございます!


利用を検討し始めた理由

私は洋服が好きで、毎月必ずと言っていいほど服を購入しているのですが、それらが傷むまで着倒すことのできるほどお気に入りになることがあまりなく、多くがタンスの肥やしとなっているのが現状です…
この1年間、1ヵ月の洋服代を平均してみると、およそ18,000円にも昇ることが判明し、その無駄をエアクロで無くすことができないか?と思ったのがきっかけでした。

月額9,800円で色々な服を着られて、欲しいものは割引き価格で購入できるならその方が経済的にも良いですし、収納も圧迫しないので、洋服好きながらシンプルライフを目指す私のような人間にはピッタリだ!とそう思いました。


1回目のアイテム

f:id:n0-limit:20181119010850j:plainf:id:n0-limit:20181119010907j:plainf:id:n0-limit:20181119010942j:plain この時はアイテムを撮影しておらず、粗いスクショ画質ですみません(>_< ;)
またお値段を確認しようとしたのですが、購入不可とのことで表示されず。

1回目は正直なところハズレでした…
トップスを除けばそんなに悪いデザインや色ではないのですが、デザインの好み以外にも、素材だったり着心地だったりと、好みがうるさい私には不満な点が多く、試着のみで返送しました。
1回目はどうしてもユーザーとのヒアリング不足が原因で好みでないアイテムが届いてしまう事も少なくないらしいのですが、にしてもあのマゼンタのトップスはあまりにも冒険しすぎじゃないかと…
顔写真を登録していたので、それを見て似合うと思って選んでくれたのかもしれませんが、もう少し配慮して欲しかったな〜と思いました。


2回目のアイテム

小売価格: 8,400円(税抜)
会員特別価格: 7,600円(税抜)


小売価格: 9,900円(税抜)
会員特別価格: 7,000円(税抜)


小売価格: 13,000円(税抜)
会員特別価格: 9,100円(税抜)


どうです⁉︎ 普通に可愛いですよね⁉︎
1回目の時に念入りに感想を書いた甲斐があって、これはキタ!と思いました。
でもぱっとみ可愛くても着てみるとイメージなんて変わるもの…

ホワイトのトップスはいかり肩の私には襟ぐりの深さとピッタリめな作りに、更に上半身がたくましく見えてしまい微妙でした。
ホワイトのリブニットは実際に持っていますが、それは襟が少し詰まっていてゆったりめの作りなのでコンプレックスを上手く隠してくれています。

チェックスカートは本当に可愛くて受け取った当日に着て行きました!
赤系のボトムスは買ったことがありませんでしたが、少しブラウンを帯びているので何の抵抗もなく新しい服にチャレンジできて、とても感謝しています!
でもこのスカート、エアクロによると検品はしっかり行っているとのことですが、何ヶ所かほつれがあったので購入せず返送しようと思います。

しかも正面ど真ん中にもほつれがあって、これを平気で送ってしまうのか…と絶妙なアイテムチョイスだっただけにちょっとがっかりでした。

ブルーグレーのニットも普段私が選ばないカラーですが、挑戦しやすい色味でいい感じ。
でも実際着てみると意外と体にフィットした作りで、ニットの厚み感と相まってまたもや上半身が若干たくましい印象に…
一応私は普通体系に入ると思うんですが、いかり肩なのと鳩胸のせいでトップスは意外と難しいんですよね。
一度着用しましたが、次は着ないかな。
あと、やはり中古品のニットといったところでしょうか…
毛玉はできていませんが、ふわふわした素材なので表面の毛がところどころほわっと飛び出ており、若干の着用感があるなぁという印象でした。
これは人によって感じ方が違うと思うのですが、ちょっと神経質ぎみの私には気になってしまいました。
お値段も中古なりに比較的お安くなっていますが、仮に気に入ったデザインだったとしても、この状態では数回着用したらすぐに毛玉ができてしまいそうで、買わない方が結果的に良いのでは?と思ってしまいます…


今後については…

未だに自分で買ってもいずれ着なくなってしまう服はあるものの、やはり好みがうるさいので、試着さえすれば絶対に選ばない服は避けられることを考えると、会ったことのないスタイリストさんにアイテムチョイスをお願いするのは難しいのかなぁという印象です。
もちろんヒアリングを重ねていけば、いずれは安定した好みのアイテムが届くようになると思うのですが、それまであと何回受け取りと返送を繰り返さなきゃいけないんだろうと考えると、正直面倒ですし、会費も無駄なように思い始めています。

エアクロは登録後1ヶ月以内であれば、月額会費と返送料を返金して貰えるので、次回であまり良いアイテムが届かなかった場合は、解約しようと思います。
※返金には条件があります。

faq.air-closet.com


以上、辛口評価になってしまいましたが、お金を払っている以上納得してサービスを利用したいと思っていますので、同じような考えをお持ちの方の参考になりましたら幸いです!

【追記】
2回目のアイテムですが、よく確認してみたらスカートとブルーグレーのニットはお気に入りブックでピンをつけた服でした。
スタイリストさんによるチョイスではなかったようです。
やっぱり見た目は好きでも着てみないとわからないな~

ついに着なくなった冬コートを断捨離

今回、捨てたいのになかなか手放すことができなかった冬コート3着をついに断捨離することができました!
一番長いもので2年間も手放すか悩み続けていましたが、手放す決心がついた時は驚くほど何の未練もなくすんなり断捨離できてしまい自分でも驚きでした。

ではどうやって手放す決心がついたのか、手放せなかった理由と、手放す私なりのコツを合わせてご紹介します。


なぜ2年も悩み続けていたのか?

まずは今回断捨離したコートとその手放せなかった理由について。

①グレージュのムートンコート
当時暖かさ重視でたどり着いた結果のムートンコート。 きれいめが欲しくて3万ほどで購入するも、重くて肩が凝る、スリムな作りで厚手のニットを着るとパツパツになることが原因ですぐ着なくなる。
→色味が気に入っていたのと購入価格のせいで簡単に手放せず、2年も悩んだ。メルカリで売ることも考えたが、ムートンコート自体が流行から段々と外れてきているため、既に出品されている商品を見ても納得のいく値段で売れそうもなく、そのままクローゼットの肥やしに。

②グレーのチェスターコート
お気に入りだったが、安物がゆえに毛玉が酷く、ポケットの内側に穴が空きかけ、次第に着なくなる。
→コーディネートしやすく着心地も良かったため、なかなか手放せず。

③ブラウンのフーデッドコート
試着してみて、見た目や着心地も良く、重さも気にならなかったため購入したが、TDSに初めて着て行くも3時間程で酷く肩が凝ってしまって以来、通勤以外で着られなくなり、新しくコートを買うと殆ど出番がなくなる。
→まだ購入から1年経っていなかったため、決心がつかず。


高かったから、全然着ていないから、まだ買ったばかりだから、と断捨離できないあるあるな理由ばかりですねw
特に値段が高かったのに全然着なかったムートンコートは強敵でしたw


どうして手放す決心がついたか?

単刀直入に言うと、これらに代わるコートを手に入れたからなんです

f:id:n0-limit:20181118114757j:plain
JOURNAL STANDARD relume
LANA WOOL 140 ノーカラーコート
¥31,320


こちらウール素材のノーカラーコートなのですが、店員さん曰く、高品質のウールで毛足が短く光沢があり、毛玉ができづらいとのこと。
またお値段も、このウールを取り扱う業者さんにお願いにお願いを重ねてこのお値段で提供しているそうで、非常に高見えする割にお財布に優しいコートです。
もう今年度の冬は新しくコートを買うのはやめようと思っていましたが、こちらを勧められて、家にあるやつ捨てられるじゃん!とビビッときて購入しました。

服って色々なデザインや色、特徴があり、これはこの服でないと得られない特権!みたいなのありますよね?
その特権がより多く詰まった1着が見つかれば、そんなに何着もいらないはずなんですよね、実際。
特にコートは毎日洗濯しませんし、同じものを毎日着て行っても変な目で見られる事もないので、たくさん持つ必要がありませんし、代わりが見つかったとなればすんなり手放すことができました。
と簡単そうに言いましたが、その「代わり」を見つけるのが一苦労なんですよね…!
今回購入したコートも実際ここまで納得のいくコートはなかなか出会えないだろうなぁと思いましたし、ムートンコートを捨てられずにいる間も出会えていませんでした。
でも、もし私のように「コート何着もあって着てないのもいくつかあるけど、どうしても捨てられな~い!」と悩んでいる方は、取り敢えず捨てることは置いておいて、新しく「代わり」を探してみたら、もしかしたら断捨離の道が開けるかもしれません。


たくさんあるコートをコンパクトにする私なりのコツ

これはコートに限った話ではないのですが、今回のようにたくさんの希望を叶えた「代わり」を見つけてその他を手放す場合、まずは今持っているものの何がいけなかったのかをきちんと把握することです。
これさえ把握していれば、そのいけなかった部分をより多くクリアできるものに出会えた時、それだけ少ない所持数で済むわけですし、購入後の失敗防止策にもなります
ぜひ今お持ちのものを一度よく分析してみてくださいね。


以上、今回コートを断捨離できた経緯と、そこから発見した私なりの断捨離のコツでした。
うちには服のみならず、他にもたくさんの使っていない物たちがありますので、なるべく新居へ持ち込まないためにもあと数週間、頑張ります!

同棲が決まりました

f:id:n0-limit:20181118095223j:plain

お久し振りでございます、エルコです!

前回の記事からかなり時間が空いてしましました…
色々あってブログを書く余裕がなくなってしまったり、ブログ自体が面倒になってしまったり。
今回、また書こうと思ったのは、彼との同棲先が決まったからなのです!!

結婚じゃないのかwと思った方。
そうですね。私も結婚報告がしたかったです(´・ω・`)
もちろん結婚を前提としての同棲なのですが、色々と段取りが悪かったり、彼の本気が足りなかったり? でまだ親への挨拶もまともに済んでおらず(お互い両親には同棲の報告済みです)、それどころか、プロポーズも受けてねぇ!という、まだまだ結婚については見通しが立っていない状態です。
でも、彼からは来年中にはみたいな話をちょろっと聞いています。

一応、子供ができて住みづらさを感じてから今後生活してくところをきちんと検討しようというとことで、今回は貯金の面も考え、1LDKにしました。
というか私があらゆる条件を希望するがゆえに、家賃を考慮すると1LDKしか見つからなかったというのが現状ですね…
1LDKという間取りではありますが、今まで1Kでしたので、物をなるべく少なくしてすっきり広々とした生活を目指したいと思います!

結婚における“妥協”という言葉

f:id:n0-limit:20181118112157j:plain

先日Twitterでこのようなつぶやきを見ました。

「皆どのくらいまで妥協して結婚決めるんだろう」

「結婚は妥協」なんて言葉は別に特別珍しい言葉ではありませんよね。
きっと世の多くの女性が妥協して結婚したと思っているのが現実ではないかと思います。
私も子供の頃、テレビでそんな言葉やエピソードを語る女性たちを見て、 「結婚て妥協しないとできないもんなのか」と思っていました。

しかし、結婚というものが少しずつ現実味を帯びている今、 結婚における「妥協」という言葉が不快で仕方がありません。
「妥協」って何なのでしょうか?

妥協という言葉は本来、
「対立した事柄について、双方が譲り合って一致点を見いだし、おだやかに解決すること。」 妥協(ダキョウ)とは - コトバンク
とありますが、結婚におけるこの言葉は多くの場合、見た目や性格、年収など自分の結婚における希望に沿わなかった事柄に対して諦めて結婚した、という意味合いで使われているように思えます。
彼との間で対立した事柄について話し合い、譲り合って解決した結果結婚したというわけでもなく、自身で仕方ない諦めようと決めたことに対して「妥協」というのはあまりに上から目線であり、お相手に失礼なのではないかと強く思うのです。

友達として人と付き合うのに、妥協してお友達を続ける人っているのでしょうか。
もちろん何か特別な事情があってそんな経験をしている方もゼロではないと思いますが、普通お友達といえば、その人と友達でいたいからお友達でいますよね?
結婚もその人と結婚したいから結婚するものなのではないかと思うのです。

当然結婚となると今後生きることを共にしていかなくてはならないので、友達と比べるには次元が違うという意見もあると思いますし、例えとして大きな自信を持てないのは確かですが、結婚は自身でもそうすると決めたことである以上、「妥協」は結婚することやお相手に対して無責任な言葉でもあると感じています。

私の場合も、もちろん彼が私が望む全てを持っているわけではありません。
もっとこうだったら良いのにな、と思う点は当然いくつかあります。
でも、そこを「妥協して」結婚したいと思っているわけでは決してありません。
あくまでも「彼と夫婦になりたい、人生を共にしたい」と思い、彼との結婚を望んでいます。

自分が望む項目をクリアできている男性との結婚ができなかった、またはできそうにないだけなのに、それを、そろそろ結婚しないと、周りの目が、行き遅れそうといった勝手な自身の都合で結婚を決めた言い訳にしか聞こえません。
とてもずるいと感じます。

あくまで私の持論ですので、現実が見えてない真面目ちゃんのキレイごとと思われても構いません。
しかし、例えこの部分は希望にそぐわないから諦めようと思った点があっても、これから家族として一緒に人生を歩むお相手に「妥協」という言葉は使うべきでないと思っています。