シンプルライフと結婚をめざして

シンプルな生活&結婚を目指すゆるブログ

同棲生活の理想と現実_4

すみません、書き溜めていた記事を1つ飛ばして投稿してしまったので修正します…!

 

そしてお正月休み初日。
何やらけたたましい音に目が覚めました。
どうやら彼がルンバを起動させているようです。
私も慌てて起きると、今まで何度も朝起きたらシャッターくらい開けなよと言い続けていたのが、シャッターも開いていて太陽の光が降り注いでいます。
昨日の流しの食器の残りもきれいに片付いている。


なんと彼が自ら家事をやり始めたのです。
(家事と言っていいのやらw)


「あ、なんか色々ありがとw」
「うん(ちょっと得意げ)」


そのあとも確かお風呂を洗ったり、新しいトイレ掃除シートをおろしていたのでもしかしたらトイレ掃除もしていたかもしれません。


とまぁ張り切って家事をやったのはこの日だけだったのですが。
翌日以降はいつも彼が先に起きるため、シャッター開けとルンバ起動はやってくれましたが、それ以外は大体私がやっていました。
それでも「食器洗いはアザラシくんの仕事ね」と以前から話していたので1日に数回ある食器洗いは毎日完璧にこなしてくれました。
(私は食器洗いが大嫌いなので結構助かる)


この彼の行動で、なんだ一応やらなきゃいけないこと分かってんじゃんと、私自身納得してしまい、結果的には話し合ったり、何か決め事をすることなく解決してしまいました。


わだかまりも消え、年末年始とお正月中の旅行も楽しく過ごすことができて、とても満足でした。

まさに同棲の醍醐味の1つというやつで、今まで旅行の帰りは最終的に別々の家へ帰っていくのが本当に寂しかったのですが、今回初めて旅行後に同じ部屋へ帰って、何が良かったとか何が美味しかったとか旅行の感想を言い合える環境にも大満足でした。
帰ってからの洗濯物の山はちょっとうんざりしましたが…


と、何もかもが解決し、今まで通り仲良し生活が戻ったかのように思われましたが、それは彼も仕事が休みで余裕があったからできたこと。
お正月明けから、再び私の不満は少しずつ溜まっていくのでした。


続きます。